FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ガジェットのコアベースでオムニホイールを使ったロボットの作例 

腹減りましたw kEn5です。

今回はちょっとレベルアップした事やります。

少し工作の知識が無いと厳しいかもしれません(汗
今回は、長いタイトルの通り、オムニホイールを使ったロボットを作りましょう。

これが完成系です。

ロボカップジュニアのロボットは、多くがオムニホイールを使ったロボットです。

サッカーでは、全方向にフレキシブル(柔軟に)動く必要があるため、殆どのチームが採用しています。

多くのチームは3つか4つ搭載しているのですが、今回は個数分ホイールが揃わなかったという理由で、3輪にしますw

ではまずは設計。

設計図はもうちょっと待ってください(^_^;)
↓設計図置きました!!!(2012/6/8
無題




今回は100均のMDFの6mm厚を使いました。

丁度200×200の板が売っていてラッキーb

しかも100円(+消費税)で2枚なので、失敗してもまたやり直せます。


これに穴を開けます。

ハンドドリルで開けれなくもないですが、やはり安物でも電動ドリルがあると作業がサクサク進みますので、一台あると便利でしょう。

なるべくなら、ドライバーとしても使えるものがベターです。


今度は周りを切って行きます。


最終的にはこうなります。

最初から丸く切ろうとせず、カクカクに切って行って、最後は木工用のヤスリで仕上げるという方法が、綺麗かつラクに仕上がると思います。

今度は、組み立てです。


ダイセンのロボサイトモーター+オムニホイール。



これに、ボールセンサーと6chモータードライバー+パワーアップモジュール+ガジェットコアの3段モジュールを載せます。


3つの基盤は、この様に重ねました。


ガジェットコアが少し長かったので、差分をユニバーサルアームで補います。

TJ3のコアなら、もっとコンパクトに仕上がるかもしれません。


センサーやモーターが増えて、配線も一苦労です(汗

今回は、基盤の間に配線を通してみました。

さて、次回は始めてプログラムを解説しようかと...

自信ないなー(^_^;)
スポンサーサイト

category: e-Gadget

Posted on 2012/06/08 Fri. 22:12  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

すごい!
僕もやってみたいです。

レイン #- | URL
2013/07/23 11:24 * edit *

ベースボードに全て乗っけてるので簡単ですよ。
MDFだと作りづらいという場合は低発砲塩ビやABSなんかでも良さそうです。

kEn5 #- | URL
2013/07/30 00:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://northtrive.blog.fc2.com/tb.php/6-32780f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。